いとうせいこう「ノーライフキング」

久々に読み返す。

 

 

ノーライフキング (新潮文庫)

ノーライフキング (新潮文庫)

 

 まだ、どうしても、子供の視点で読んでしまうので、これをノスタルジックだとか、大人になるための子供時代との決別的な話だと決めつけられると、やたら反感を持ってしまう。

ネット時代の病を先読みしたわけでもない。

 

リアルデスカ?

リアルデス

 

答えは出ているしこれはリアルの話でしかない。

おとなはなにもわかってないと、初めて読んだ子供の頃から思い続けている。

 

自分が本当に子供であっても勇者にはなれずに家の中で自爆してたなと思う。

ライフキングの子供たちは個ではなく群体だったのはたしかで、子供の私は全然人と交われずに皆が知ってる学校の話もクラスの話も町の話も知らなかった。

まことたちがうらやましい。