20倍くらい書いて削ったしあとで消す日記

はてな特有の空気が嫌だな、と具体的に感じた原因のひとつは、ずいぶん前に見たHagex氏のブログだった。
まだダイアリーだった頃、小町の無断転載に嘲笑的なコメントをつけていた時代。もう十何年前だったような。
とにかくはてな村らしい内容がすごく苦手で、こういう感じのブログが増えたら嫌だなと思って、最初に読んでから長らく距離を置いていたんけど、でもそれでも今回のニュースがものすごくショックで、自分が一番熱心にネットを見ていた頃に心の棘を刺してきたブログが今回の事件に巻きこまれた(巻きこまれた、のだと思う。事件を起こしたわけではない)ことについてうまく気持ちが整理できなかったりする。

長らくブログの存在自体忘れてたのに、ここ数年TwitterなどでエントリがRTされるのを見る機会が増えて、ああまだやってるのか…と思っていた。
この間Twitterのトレンドに入っていたので、何だ何だと見に行って、事態を知った。

気になっていくつかニュースを見たら、Hagex氏が「正義感の強い、優しい人」といろんな人に言われていたので、わたしが見ていない年月の間にブログのノリが変化したのか、ご本人が変化したのか、それとも「正義感が強い」人だったからこそああいうブログを書いていたのかはよくわからないけど、でもまあチラッとブログを見たらやっぱり相変わらず炎上案件に触れる感じだったので、今以てして苦手だなあと思う。
人の心の触れられると嫌なところを煽って、その嫌な感じが麻薬みたいに癖になって、っていう心理を利用している、嫌なブログだと思う。
でもこうなると「苦手」って言い辛いよ。
さっさと「苦手」って言っておけばよかった。

と、よくわからない後悔をしている。

Hagex氏もはてなもどう考えても巻き込み事故の被害者だけど、はてなに責任を求める声もたくさんあるみたいで、何か変わってくのだろうか。
正直はてな村ははてな村で隔離されてれば、こちらがコミュニケーションを取る手段を持たない限り、はてなユーザーだろうと関係ないわと思ってたんだけど。

罪を犯したのは本人の性質に依るというところは勿論として、そういう空気を生み出したのははてな村だということを犯人が言っていて、そう言われた事実は消せないわけで、どう変わっていくかは少し気になる。
別に何も変わらないんだろうけど。

本を出したりしてたんだなあ。